一般社団法人 日本医療機器販売業協会(JAHID)

日本の医療を支える

SIGNIFICANCE

医療機器販売業の
社会的意義

医療機関に安全かつ
安定的に医療機器を供給

私たち医療機器販売業は、国民皆保険、フリーアクセスという公的医療保険制度のもと、全ての医療機関に安全かつ安定的に医療機器を供給して患者さんの安心と医療制度維持に寄与しています。
また医療機器特有の個別性から、在庫管理、緊急時の対応などきめ細かい対応が求められ、患者さんにとって効果的で質の高い医療の提供に貢献すると共に、関係行政機関等との連携などにおいて医療機器流通の効率化を推進し、日本の医療の発展に貢献する社会的意義のある業界です。

医療機関と深く繋がり、包括的かつ
継続的に在宅医療・介護を支援

在宅医療に関わる医療機器販売業者は、退院前から患者さん及びご家族と顔を合わせ、患者さんの自宅での療養を支えるため医師の指示のもとサポートを行っています。また退院後には、定期訪問など患者さんの生活に合わせた適切な支援の提供を行っています。このため医療機器販売業は、医師、看護師、ケアマネジャー等の多職種との連携による支援体制の構築が必要になります。
高齢化が進む日本で、私たち医療機器販売業が担う役割は増加し、また多様化しつつあります。
こうした状況のなか医療機器販売業は医療機関との深い繋がりを意識し、地域の関係機関と連携し包括的かつ継続的な在宅医療・介護の提供を目指すべく、積極的に患者支援業務に取り組んでいます。

VOICE

厚生労働省からの声

医療機関と医療機器メーカーを橋渡しするのが医療機器販売業です。医療に不可欠な医療機器を医療機関に届け、適切に使用できるようにサポートするほか、医療機器が故障しないようにマネージメントする業務にも携わっています。また、医療現場の情報をメーカーにフィードバックするという役割も担っています。
今は「チーム医療」という形で、医師をはじめ看護師や検査技師など、多種多様なスタッフの協働で医療が成り立っています。医療機器販売業界の皆さんも、広い意味でチーム医療の一員だという認識を私は持っています。適正な医療を提供するに当たって、なくてはならない重要なパートを支えているのが医療機器販売業なのです。
医療機器販売は非常に社会貢献度が高く、やりがいのある仕事です。もちろん、命を預かる医療に関係する仕事なので、そこで働く人には責任感が求められ、日々の勉強は欠かせません。その一方、見聞も広がるので、自分自身が成長できる魅力的な職業です。

厚生労働省 前医政局 経済課 医療機器政策室長 小林秀幸

厚生労働省 前医政局 経済課 医療機器政策室長

小林秀幸 氏

医師からの声

医療の発展に貢献、求められる若い力

心臓血管外科の第一人者がメッセージ

医は仁術なり、一昔前はそのように言われていました。医療といっても幅広く、検査、治療、看護、介護、製造、販売、流通、サービスなど、多岐の分野に分かれています。現在はそれらが一体となって仁術を紡ぎだしています。私は院長として病院経営に携わりながら、外科医として手術も執刀します。日々の仕事は一人で完結するものではありません。院内スタッフの他にも、医療製品の開発、製造に関わる人、それを販売する人など、沢山の人々の尽力で医師の仕事が全うできていると考えています。

私が日々行っているのは心臓の手術です。生命に直結する現場では、迅速性と正確性が求められます。医療機器は数十万品目もあり、ひとつの手術を1メーカーの製品で完結することはできません。数あるメーカー、多品種の中から最適な製品を選択し、適切な納品や在庫管理などの役割を担ってくれているのが、日々病院に来ている医療機器販売会社の人々です。製品の操作方法など、現場にとって有益な情報も提供してくれています。入社間もなく何も知らなかった社員が成長していく姿を見ていると、人の成長には限りがないと感じます。

私も医師になりたての頃には試行錯誤を繰り返しましたが、継続は力なりを胸に努力を積み重ねてきました。皆さんは希望に溢れながらも手探りで就職活動をされていると思います。医療業界は高齢化で今後も需要が伸びていく分野です。患者さんの快復に無上の喜びを感じながら、日々努力を重ねていけば必ず花開く業界だと思います。若い力が業界には必要です。私たちと一緒に日本の医療の発展に貢献しませんか。

【プロフィール】

順天堂大学医学部附属 順天堂医院 前院長 天野 篤

新東京病院心臓血管外科部長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授などを経て、2002年より現職。心臓血管外科の第一人者。2012年2月には東京大学と順天堂大学の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術に臨み、執刀医を務める。手術後の「普段通りの手術を普段通りにしたということ」などのコメントに、非凡な平常心とそれを裏付ける圧倒的な経験、そしてそこに慢心しないあくなき向上心が垣間見え、日本中の関心を集めた。その実直な人柄を、多くの患者が慕い信頼を寄せている。

順天堂大学医学部附属 順天堂医院 前院長

天野 篤 先生

医師からの声

患者さんのためにという熱い気持ち、頼れる存在

地域に密着した医療活動をめざす医師に聞く

先生が医療機器販売という仕事を知ったときどう思いましたか。

常に私達医療従事者に寄り添い、日々の会話から何を求められているのかくみ取る力、そして実行する事、患者さん毎に症例、症状が違いますが、最適な商品、新しい商品を使える様に準備する行動力には驚きました。人の命を預かる厳しい現場において、医療従事者と供に患者さんのためにという熱い気持ちで、しっかりと自分の役割を理解し仕事に向き合っている販売業者は、とても頼りになる存在です。

先生が困った時、医療機器販売業者がサポートした事例はありますか。

緊急手術が入り、3時間後にはオペをしなければならないといった時に、必要な医療器材を急遽、販売業者に全て揃えてもらい完璧な体制で手術に臨むことができた時は本当に印象的でした。他に私のオーダーの内容から不足の商品を事前に連絡頂き、実際の症例で必要だった事など多くの事象があります。

必要な情報がネットで得られる時代となり、医薬品業界ではMR(医薬情報担当者)の削減といったことも話題に上がっています。このような中、先生にとって、MRや医薬品卸売業者にはない、医療機器販売業者ならではの価値とは何でしょうか。

医薬品に関する様々な情報は、文字で内容が伝わるケースが多く、ネットから得られる情報も大量にあります。更に、医薬品は薬剤部が一元的に管理してくれているので医師が関与する部分は少ない状況にあります。

一方、医療機器については、その使用感、使い勝手、洗浄・保守に関する情報等、医師や看護師に必要な情報は多岐にわたり、ネットでは知りえないことが多くあります。また、手術時の器械や材料の手配についても、医療機器販売業者のフォローなしでは成し得ないのも事実です。医療機器販売業者がいてくれるから、医師は安心して患者さんに向き合えるのだと思います。

就職活動中の学生の皆さんへメッセージをお願いします。

当院もそうですが、地域住民の生活に密着した医療機関としていかに地域に貢献できるかが重要です。医療機器販売の仕事においても同じで、医療機器販業者の方々が私共と地域医療を支えて貰っている事も事実です。

無論各社の社員教育が基本と考えていますが、私自身、医療機器販売業の新人の方が解らない事があれば時間のゆるす限り、教えて行きたいと思っています。私達医療従事者と一丸となって日本の医療体制を支えていきましょう。

【プロフィール】

医療法人社団仁成会 高木病院 今村 仁 先生

2005年、福島県立医科大学 医学部卒、医学博士。日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会指導医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター、義肢装具等適合判定医師(厚生労働省)として医療現場に携わる。

医療法人社団仁成会 高木病院

今村 仁 先生